Resilient Cities - Bonn 2010 - Banner

回復力:適応性を通じた安定

 環境効率性の高い都市でも、自然災害や産業災害にあい、建物、インフラ、地域経済、人の幸福を破壊される可能性があります。

 よって、こういった脅威に備えることは持続可能性の大切な要素になります。回復力とは、災害、リスク、予期せぬ変化に対して創造的、先進的、予防的、適応的に対処する地域社会の力です。回復力は危機を軽減させます。

 回復力のある社会は、リスクへの実用的なアプローチを通じて、社会的、経済的、環境的、技術的脆弱性を最小限に抑えることができます。

 脆弱性を左右する社会的、環境、政治的条件にはそれぞれ、貧困、水や川に面していること、自治体の計画能力などがあります。

 持続可能であるために、地域社会は脆弱性や直面している危機に対して自らの回復力レベルを上げる必要があります。気候変動の影響はすでに数多くの危機をもたらしています。そしてその多くが予測不可能で、必ずと言っていいほど都市環境の弱点をさらけ出します。