Resilient Cities - Bonn 2010 - Banner

都市の未来

変わりゆく気候、変わりゆく都市

 気候変動の結果、都市はこれまでに遭遇したことのないような難題に直面することになる、と言われています。

 気候変動の時代は、海面上昇と洪水、頻繁する異常気象、病気の蔓延を早める気温上昇を通じてすでに都市生活を危険にさらしています。不安定な経済、資源問題、エネルギーコストがこういった事態を作りあげています。

 その一方で、2050年までに人類の3分の2が都市部に住むことになると予測されています。

 気候変動に立ち向かうには、従来の都市のあり方を抜本的に変えなければなりません。韓国・仁川(インチョン)で開催される「都市の未来」世界大会は、この抜本的変革を加速させるものです。

. 21世紀に急成長を遂げた都市が、自然環境との関係を早急に見直さない限り、天然資源と都市インフラは増え続ける都市人口を支えていくことはできないでしょう。

  先進都市、国際機関、そして科学者の代表者が3日間に渡ってその知識を共有します。参加者は、都市や都市生活を持続可能なものにする要素や、拡張する大都市が達成すべき目標を知ることができます。

  環境効率、緑の経済、回復力、幸福:これら4つのテーマが、「都市の未来」世界大会におけるプレゼンテーションと討論の要になります。参加者にはこれらのテーマを新しい概念として理解し、都市における気候変動の影響に対して創造的かつ実用的な解決策を探っていただきます。

 

 環境効率、回復力、緑の経済、幸福 : なぜこのテーマが重要になるのか?